• ごあいさつ
  • 概要・沿革
  • 病院理念
  • 外来のご案内
  • 外来予定表
  • 医師紹介
  • 各部署の案内
  • 人間ドックについて
  • 患者さまの権利
  • イベント情報
  • 交通案内
  • リンク
  • 職員募集
  • 学会発表
  • 院内活動
  • 学術研究・書籍
  • 広報誌・芳越だより
災害訓練

院外活動:第22回日本静脈経腸栄養学会

2007年2月8日〜9日

2007年2月8日と9日に愛媛県県民文化会館で行われた『第22回日本静脈経腸栄養学会』に当院スタッフが参加しました。

演題:昼食回診で発見した問題と改善

当院では多職種のスタッフが、日曜・祝祭日以外の毎日、病棟の昼食回診を行っている。それにより、患者様の嚥下状態、喫食状態、食事姿勢、介助の方法などの実際の状態を把握できた。昼食回診で発見した問題と改善について報告する。
(発表者)篠原 さゆり

詳細へ>>

演題:PEG施行後の検討 〜NST介入後の取り組み〜

2002年のNST立ち上げから胃瘻(PEG)造設数が急増している。その原疾患、造設までの期間、経口摂取移行への可能性の条件を考え、PEG造設患者へのNSTの取り組み、摂食・嚥下への取り組みについて報告する。
(発表者)逢坂 真弥子

詳細へ>>

演題:PEGクリティカルパスの検討

当院で使用していたPEGクリティカルパスの様式を見直し、新しいパスを作成、試用効果の検討を行った。院内においては、新パスは効果的であったが、当日PEGを受ける患者様には使うことができないという結果であった。
(発表者)森本 伸子

詳細へ>>

演題:当院病院食〜朝食〜の見直し

当院では、病院食に対して入院患者様に満足していただけるよう嗜好調査を行っている。今回、朝食の見直しを図るため改善前と改善後にアンケート調査を実施した。
(発表者)田岡 真紀

詳細へ>>