• ごあいさつ
  • 概要・沿革
  • 病院理念
  • 外来のご案内
  • 外来予定表
  • 医師紹介
  • 各部署の案内
  • 人間ドックについて
  • 患者さまの権利
  • イベント情報
  • 交通案内
  • リンク
  • 職員募集
  • 学会発表
  • 院内活動
  • 学術研究・書籍
  • 広報誌・芳越だより
災害訓練

ふれあい看護体験 2016年

日時:平成26年8月4日、8月5日

8月4日、5日に高校生対象のふれあい看護体験を実施しました。看護師を始めとする医療職者がどのように患者様に関わっているか、どのように他職種で連携を取り合っているのかを見学していただきました。

実際に車椅子に乗ったり移送介助をし、移送する際はどのくらいのスピードが安心できるのか、声かけの重要性、話をするときの目線の高さは合っているか、顔色はどうか、麻痺側の上下肢が車椅子から落ちていないかなど移送介助ひとつをとってもたくさん留意しなければならない点があることを体験していただきました。

昼食は病院食を食べていただきましたが、病院でこんなに美味しいご飯がたべられるんですね!と大好評でした。

体験1日目は患者カンファレンス、2日目は回復期病棟主催の夏祭りに参加していただき、他職種間の連携の様子や情報共有の大切さ、そして当院スタッフ間のチームワークの良さを肌で感じてもらえた良い機会であったと思います。

体験後のアンケートでは全員が看護師になりたいと思ったと回答をしてくれました。今後の進路を決める上でとても重要な時期に今回のふれあい看護体験を通して私も看護師になりたい!と看護の道を志すきっかけ作りになってくれたら、そしていつか当院で一緒に看護を提供できる日がくれば…と感じたふれあい看護体験でした。